人手不足の時代に、未経験でも、転職できることを知った

人手不足で、転職希望者のニーズが高まったッ!

どこの会社も、人手不足です。

景気が良くなったというよりは、ようやく、未来を観測できるようになった、のでしょう。

2008年のリーマンショック以来、日本企業の多くは、すぐ先の未来でさえ、予測できなくなってしまいました。

未経験 40代 転職 年収アップ

この10年間で、十分に稼ぐチカラがあることは、わかったのに、過去の失敗にとらわれ、自信を失い、経営者さえ、弱気になってしまったのです。

日本人は、世界の人々に比べて、臆病です。

過去の戦争の大敗のせいでしょうか・・・。

現在の日本の状態は、指標面だけみれば、バブル期なみになっています。

日本企業は、徹底的にムダをなくし、稼ぐチカラが高くなってきています。

これから、未来に向けて、働く人を確保したいところですが、なんといっても、人手不足なのです。

40代 転職 年収アップ

どうして、人手不足なのか。

少子化のせいでは、ありません。

おそらくは、企業の採用が、年代によって偏っているためです。

例えば、昭和50年前後の氷河期時代、昭和60年前後の氷河期時代の学生を、うまく確保できなかった結果でしょう。

いびつな企業の採用で、バブル期時代の採用者が多くなっています。

部下を持てなかった、バブル期社員たちは、人を活かすことができないので、ブラック社員化してしまうことも、あります。

生産性を評価することができないので、働く時間だけを評価してしまい、長時間労働になったり、休むことを悪と考える人になっています。

その結果、せっかく、採用しておいたヒトが、転職の形で、流出してしまっているのです。

残業 転職活動 女性

他業種の転職者が、歓迎される時代

おなかの中には、たくさんの微生物がすんでいますよね。

おなかにやさしい、みたいな細菌もいるし、単独だと、悪さをするけど、他の細菌に抑えられながら、仕事している細菌もいます。

いろいろな菌が済んでいるからこそ、おなかがよい状態になっています。

未経験 転職 年収アップ

地球にも、いろいろな生き物が済んでいるからこそ、薬ができたり、空気が浄化されたり、石油や石炭ができるわけですよね。

それが、偏ってしまうと、バランスがくずれて、辺り一帯が、不毛の地になります。

つまり、月並みな言い方ですが、「多様化」が必要です。

「多様化」とは、テレビのCMでも、言われる、「ダイバーシティ」って、いうものですね。

他業種の転職者が必要な理由は、人手不足だからでは、ありません!

全く別のモノが、いるからこそ、新しいイノベーションが生まれてくる、ということが、わかってきたんですね。

これまでは、今まで通りのやり方を、継続して、やっているだけで、よかったのです。

だけど、日本の社会構造が崩れてきて、海外に出たり、新しいことが、必要になりました。

日本人が、比較的裕福になると、ひとりひとりのニーズの微妙な違いに、対応する必要が、でてきました。

だからこそ、別の業種の経験を持つ人を積極的に、採用するように、なってきました。

転職 仕事

いろいろな転職者の事例
その1.介護士からエンジニア

例えば、実際の話ですが、未経験で、全くエンジニアの能力を身に着けていない人でも、採用されています。

未経験で、採用されやすい人は、仕事に疲れていない人です。

前の会社で、使い倒されている人は、顔に、疲れが出ているのが、丸わかりです。

変に、疑り深くなったり、笑顔が、作り笑いになっているのです。

仕事でストレスがあると、自信を喪失、何かにハマる

こういう変化は、本人や周りの人では、気がつけませんが、採用担当者は、すぐに、気がつきます。

新しい目標のための熱意が、失われていないうちに、転職を決意する方が、いいと思います。

未経験の場合は、職務経歴書と面談の対策が、必須です。

未経験分野で、転職する場合には、転職エージェントを活用して、他人の目線を使った転職対策を、していきましょう!

その2.40代後半で採用

「35歳以上の転職は難しい」というのが、常識になりつつあります。

特に40代になると、社会保険料として、介護保険の費用を企業負担しなくてはならないので、企業としては、若い人を採用したがります。

そのため、他のヒトより費用負担が必要な、40代以上で採用しても、残り20年で、業績を上げられる人を探しています。

短期に結果を出すためには、40代は、自分の得意な分野に集中することが、必要になるのです。

これまでの、仕事の中から、転職先で生かせるスキルを絞って、アピールします。

この時、絞ったスキルが、的外れだと、採用されることは、まず、ありません。

40代以上こそ、転職エージェントが、必要です。

もしくは、これまでの仕事の中から、使えるコネを使って、転職することが、近道です。

その3.年収アップ70万円に成功

品質管理は、外部リソースを使うことで、コスト削減ができるので、年々、人減らしの傾向です。

理系の人材にとっては、非常に、悔しいことですが、時代の流れでしょうか。

なくなる仕事とともに、沈没するよりも、思い切って、別のキャリアに、チャレンジすることも、いいと思います。

簡単に、ヒトの入れ替えができるような分野から、将来でも、自分のスキルを磨くことです。

そうすれば、仕事がなくなる心配から、解放されて、ずっと、仕事を続けていくことができます。

あえて、ニーズが多い分野で、働き始めること。

必要とされる分野では、給料のアップ、働き方の改善、ポジションチェンジなど、「今の会社よりも、いい会社」を目指すことが、可能です。

特に、転職活動を開始するなら、コノ転職エージェント!

転職エージェント パソナキャリア:パソナキャリア

パソナキャリアHP

女性歓迎の求人企業を多く持ち、女性の転職に特化した情報を発信する転職エージェント。技術系の求人情報が多い、公開情報からも検索しやすい、のが特徴。公開情報でも、コアな技術系求人案件がたくさんある。

25万人を転職させ、67%の転職者を年収アップさせた実績を持つ。

年収アップと、40代からのヒトは、積極的に活用したい転職エージェント!

登録しなくても、求人検索が可能なので、転職市場の動向を観察し、求人が多い時期に転職活動を開始したい人も、多い。

求人企業の年収は、他社の求人よりも、比較的高め。もちろん、年収交渉や前職の円満退社のサポートも、お願いできる。

無料でお仕事をさがす

パソナキャリア

転職エージェント おすすめ 22位:ワークポート

成長分野への転職が安定につながる

詳しくみる

無料でお仕事をさがす

ワークポート

転職エージェント おすすめ 33位:リクルートエージェント

リクルートエージェントトップ

詳しくみる

無料でお仕事をさがす

リクルートエージェント

>>>TOPページへ