カテゴリー別アーカイブ: 転職ノウハウ

人手不足の時代に、未経験でも、転職できることを知った

人手不足で、転職希望者のニーズが高まったッ!

どこの会社も、人手不足です。

景気が良くなったというよりは、ようやく、未来を観測できるようになった、のでしょう。

2008年のリーマンショック以来、日本企業の多くは、すぐ先の未来でさえ、予測できなくなってしまいました。

未経験 40代 転職 年収アップ

この10年間で、十分に稼ぐチカラがあることは、わかったのに、過去の失敗にとらわれ、自信を失い、経営者さえ、弱気になってしまったのです。

日本人は、世界の人々に比べて、臆病です。

過去の戦争の大敗のせいでしょうか・・・。

現在の日本の状態は、指標面だけみれば、バブル期なみになっています。

日本企業は、徹底的にムダをなくし、稼ぐチカラが高くなってきています。

これから、未来に向けて、働く人を確保したいところですが、なんといっても、人手不足なのです。

40代 転職 年収アップ

どうして、人手不足なのか。

少子化のせいでは、ありません。

おそらくは、企業の採用が、年代によって偏っているためです。

例えば、昭和50年前後の氷河期時代、昭和60年前後の氷河期時代の学生を、うまく確保できなかった結果でしょう。

いびつな企業の採用で、バブル期時代の採用者が多くなっています。

部下を持てなかった、バブル期社員たちは、人を活かすことができないので、ブラック社員化してしまうことも、あります。

生産性を評価することができないので、働く時間だけを評価してしまい、長時間労働になったり、休むことを悪と考える人になっています。

その結果、せっかく、採用しておいたヒトが、転職の形で、流出してしまっているのです。

残業 転職活動 女性

他業種の転職者が、歓迎される時代

おなかの中には、たくさんの微生物がすんでいますよね。

おなかにやさしい、みたいな細菌もいるし、単独だと、悪さをするけど、他の細菌に抑えられながら、仕事している細菌もいます。

いろいろな菌が済んでいるからこそ、おなかがよい状態になっています。

未経験 転職 年収アップ

地球にも、いろいろな生き物が済んでいるからこそ、薬ができたり、空気が浄化されたり、石油や石炭ができるわけですよね。

それが、偏ってしまうと、バランスがくずれて、辺り一帯が、不毛の地になります。

つまり、月並みな言い方ですが、「多様化」が必要です。

「多様化」とは、テレビのCMでも、言われる、「ダイバーシティ」って、いうものですね。

他業種の転職者が必要な理由は、人手不足だからでは、ありません!

全く別のモノが、いるからこそ、新しいイノベーションが生まれてくる、ということが、わかってきたんですね。

これまでは、今まで通りのやり方を、継続して、やっているだけで、よかったのです。

だけど、日本の社会構造が崩れてきて、海外に出たり、新しいことが、必要になりました。

日本人が、比較的裕福になると、ひとりひとりのニーズの微妙な違いに、対応する必要が、でてきました。

だからこそ、別の業種の経験を持つ人を積極的に、採用するように、なってきました。

転職 仕事

いろいろな転職者の事例
その1.介護士からエンジニア

例えば、実際の話ですが、未経験で、全くエンジニアの能力を身に着けていない人でも、採用されています。

未経験で、採用されやすい人は、仕事に疲れていない人です。

前の会社で、使い倒されている人は、顔に、疲れが出ているのが、丸わかりです。

変に、疑り深くなったり、笑顔が、作り笑いになっているのです。

仕事でストレスがあると、自信を喪失、何かにハマる

こういう変化は、本人や周りの人では、気がつけませんが、採用担当者は、すぐに、気がつきます。

新しい目標のための熱意が、失われていないうちに、転職を決意する方が、いいと思います。

未経験の場合は、職務経歴書と面談の対策が、必須です。

未経験分野で、転職する場合には、転職エージェントを活用して、他人の目線を使った転職対策を、していきましょう!

その2.40代後半で採用

「35歳以上の転職は難しい」というのが、常識になりつつあります。

特に40代になると、社会保険料として、介護保険の費用を企業負担しなくてはならないので、企業としては、若い人を採用したがります。

そのため、他のヒトより費用負担が必要な、40代以上で採用しても、残り20年で、業績を上げられる人を探しています。

短期に結果を出すためには、40代は、自分の得意な分野に集中することが、必要になるのです。

これまでの、仕事の中から、転職先で生かせるスキルを絞って、アピールします。

この時、絞ったスキルが、的外れだと、採用されることは、まず、ありません。

40代以上こそ、転職エージェントが、必要です。

もしくは、これまでの仕事の中から、使えるコネを使って、転職することが、近道です。

その3.年収アップ70万円に成功

品質管理は、外部リソースを使うことで、コスト削減ができるので、年々、人減らしの傾向です。

理系の人材にとっては、非常に、悔しいことですが、時代の流れでしょうか。

なくなる仕事とともに、沈没するよりも、思い切って、別のキャリアに、チャレンジすることも、いいと思います。

簡単に、ヒトの入れ替えができるような分野から、将来でも、自分のスキルを磨くことです。

そうすれば、仕事がなくなる心配から、解放されて、ずっと、仕事を続けていくことができます。

あえて、ニーズが多い分野で、働き始めること。

必要とされる分野では、給料のアップ、働き方の改善、ポジションチェンジなど、「今の会社よりも、いい会社」を目指すことが、可能です。

特に、転職活動を開始するなら、コノ転職エージェント!

転職エージェント パソナキャリア:パソナキャリア

パソナキャリアHP

女性歓迎の求人企業を多く持ち、女性の転職に特化した情報を発信する転職エージェント。技術系の求人情報が多い、公開情報からも検索しやすい、のが特徴。公開情報でも、コアな技術系求人案件がたくさんある。

25万人を転職させ、67%の転職者を年収アップさせた実績を持つ。

年収アップと、40代からのヒトは、積極的に活用したい転職エージェント!

登録しなくても、求人検索が可能なので、転職市場の動向を観察し、求人が多い時期に転職活動を開始したい人も、多い。

求人企業の年収は、他社の求人よりも、比較的高め。もちろん、年収交渉や前職の円満退社のサポートも、お願いできる。

無料でお仕事をさがす

パソナキャリア

転職エージェント おすすめ 22位:ワークポート

成長分野への転職が安定につながる

詳しくみる

無料でお仕事をさがす

ワークポート

転職エージェント おすすめ 33位:リクルートエージェント

リクルートエージェントトップ

詳しくみる

無料でお仕事をさがす

リクルートエージェント

>>>TOPページへ

転職したい理由リストの作成

転職したい人は必見!転職したい人が一番最初にすべきこと

この記事は、リケジョで、院卒のわたしが、35歳の時に、転職した経験をもとにしています。

その後、転職のアドバイスをする立場になったので、プロから見た目線で、情報を修正しながら、情報発信をしております。

業界の話などは、現職の転職エージェントの方の情報をもとに、しています。

転職したいあなたが、最初に作るのは「転職したい理由リスト」

転職したい理由は、人それぞれです。

わたしは、前職の人間関係がイヤだったこと、仕事が減ったこと、給料が上がらないこと、を理由に、転職しました。

このホンネをそのまま、転職の理由にすると、甘えだ!と、考える人もいるでしょう。

もちろん、昨日、突然、会社がなくなってしまったので、転職せざるをえない方も、いるでしょう。

だけど、他の人から見たら、「転職した」という事実は、一緒です。

「転職した」の事実のウラには、たくさんの原因や理由が、あります。

この一人ひとりが、抱えている原因や理由を、ちゃんと分析すること、この分析作業をおろそかにしては、いけません。

まず、あなたが、最初にすべきことは、転職したい理由をホンネで書いた、「転職したい理由リスト」を作ること。

この、「転職したい理由リスト」に、転職する理由を、全て、書き出すことです。

転職 理由 メモ

ひとそれぞれですが、たくさんの理由がある人もいると思います。

会社がなくなってしまった人は、「転職する理由リスト」と名前を、変えて、書き始めてください。

この「転職したい理由リスト」・「転職する理由リスト」は、書いてあるそのままを、他人に言ってはいけません

「転職したい理由リスト」は、他のヒトの目に触れないようなところに保管してください。

例えば、スマホのメモでもいいですし、自分のPCのエクセルで作ってもいいです。日記や、ノートのどこかでもいいですが、見つからないようにしておきましょう。

転職したい理由リスト_メモ

キレイに書く必要は、ありませんが、長い文章ではなくて、箇条書きのような形で、書いてください。

単語だけで、書いてもいいのですが、後で、自分がなんだかわからなくならないように、書いてください。

例えば・・・

給料が安い

転職希望者の悩み、給料が安い

年間を通して、ほとんどが出張だ

転職希望者の悩み、出張が多い

上司のえこひいきで、人間関係がツラい

転職希望者の悩み、人間関係

職場に、帝王のような存在の人がいて、閉鎖的だ

転職希望者の悩み、職場いじめ

仕事の量に偏りがあって、不公平を感じている

転職希望者の悩み、不公平

会社の将来が見えない、赤字の回復が望めない。

転職希望者の悩み、将来性

転職したい理由から、自分はどんなところに、転職したいか

実は、コレ、「転職したい理由リスト」に、書き出すことで、次の仕事にどんなことを期待しているのか自分はどんなところに、転職したいのかを、はっきりさせようと、しているんです。

「転職したい理由リスト」が、無事に、できましたねっ!

女性向けの転職エージェントを紹介

あっ!tenさん!わたし、結構わがままだと、思われてしまいそうです・・・

転職したい理由

「転職したい理由リスト」は、誰にも見ませんから、ホンネで書いておいてくださいね。

転職アドバイザー

え!?「転職したい理由リスト」を転職エージェントに伝えるわけじゃないんですか?

転職する理由

う~ん(悩)。転職エージェントにも、いろいろな人がいるんです。転職で悩んだことがある人、ばかりではないので、そのままストレートに表現していいか、どうか、悩ましいところなんです。

転職ノウハウ

それじゃ、「転職したい理由リスト」は、どうやって、活用すればいいのですか?

転職するための準備

「転職したい理由リスト」の表現は、自分で、前向き表現にするんです!

女性向けの転職エージェントを紹介

「転職したい理由リスト」をながめていると、うしろ向きな表現が多くなっていませんか?

実は、転職で、うしろ向きな表現を使うと、自分の価値が低下してしまうことになります。

転職というライフイベント。

本来なら、転職とは、前向きな変化です。

そのため、転職に、うしろ向きな表現は、相性が悪いというわけです。

日本では、これまで、同じ会社で働くことへの評価が、高い傾向にありました。

だから、日本では、転職がうしろ向きなイベントに、とらえられてしまいがち。

だけど、転職を経験したことのある人、もしくは、海外の人から見ると、転職は、前向きなイベントとして、とらえるのが自然です。

特に、現在は、価値観が多様化し、変化が早い世の中です。

転職_分析_理由_原因

そんなときに、今までの価値観での評価をしたり、ゆっくりとした変化にしがみつくのは、早い流れの川を逆走しているような状態ですから、とても、しんどいはずです。

だからこそ、転職というイベントを、いままでの価値観で評価せず、いろいろな考え方があることを認め、変化が早くても、自分が変わっていくことが必要だと、考えるようにすれば、自然体で、変化を受け入れる姿勢になります。

自然体でいれば、仮に、流れの早い川であっても、自分が流れに乗るという姿勢でいれば、ちゃんと、目的地につけます。

こんな時だからこそ、チカラを抜いて、流れに乗るための道具やツールをうまく使って、目的地を目指す、という考え方にシフトすると、それほど、しんどくなくて、すみます。

次は、「転職したい理由リスト」とは、別の紙(手帳など)に、前向きな表現を使った、「転職したい理由リスト2」を作ります

給料が安い

転職_悩み_給料が安い

自分の価値を高めたい!

前向きな転職_価値

年間を通して、ほとんどが出張だ

転職_悩み_時間がない

自分のフィールドを、うまく活用できる仕事がしたい!

前向きな転職_自己実現

上司のえこひいきで、人間関係がツラい

転職_悩み_人間関係

今の環境を変えて、新しい人間関係を築けるようになりたい!

人間関係

職場に、帝王のような存在の人がいて、閉鎖的だ

転職_悩み_職場いじめ_パワハラ

コミュニケーション能力を活用して、新しい仕事に早く溶け込みたい!

パワハラ_ブラック企業_転職

仕事の量に偏りがあって、不公平を感じている

転職_悩み_仕事の量

もっと、仕事を通じた成長を感じることができる職場に、身を置きたい

転職エージェント_求人

会社の将来が見えない、赤字の回復が望めない。

転職_悩み_将来性

・・・。

転職サイト_応募

えっ!え!?会社って、安定しているところは、ないの?

転職の悩み_将来性_安定性

安定している、会社はあります。だけど、将来的なリスクというのは、計算で、できることじゃないんです。例えば、将来が赤字じゃない会社であれば、成長している会社をさがさないといけない。だけど、そういうところは、変化も早いわけです。

成長性のある会社

たしかに、成長している会社って、聞こえはいいけど、社員を働かせすぎていたり、ブラック企業とか・・・。ムダ削減とかで、どんどんリストラされてるかも・・・

転職_悩み_ブラック企業

イメージはそうね。だけど、成長している会社でも、働く人の健康だとか、労働時間、仕事の割り振りなどに、本当に気を使っている会社は、優良な企業は、実際にあるんです。

労働時間_転職

そういうある意味で、当たり前のことができる会社というのは、自分だけでは探すことは不可能なんです。現場で働いている人に、話が聞ける環境じゃないと、本当のところはわからない。

転職_メンタルヘルス

え!じゃぁ、せっかく、転職してもブラックだったら!?

1_30_%e3%81%b3%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a

ブラック企業と言われるところに、転職しないためにも、自分の周りの人に聞いてみることが必要です。例えば、コネを使う。だけど、実際に、そんなことは難しい。だからこそ、職場で働いている人を見てきた、転職エージェントに頼ることが、必要なんです。

女性向けの転職エージェントを紹介

でも、転職エージェントは、転職させれば、お金がもらえる仕組みなんでしょ?

転職エージェントの活用方法

そう。だけど、転職した人が、ちゃんとその企業に根付かなければ、お金はもらえない仕組みなの。だから、転職エージェントは、転職希望者が満足できて、求人企業さんもまた、満足できるような、WIN-WINの転職サービスを提供していくのよ。

30代の女性向け転職エージェントを紹介

転職エージェントは、求人企業に転職希望者を紹介し、実際に転職が成立したら、求人企業が、転職エージェントに、成功報酬として、お金を支払う仕組みが、成り立っています。

しかし、実際は、転職してきた人が、3ヶ月など、一定の期間で在籍してもらえなかった場合は、転職が成立したとは言えないので、転職エージェントは、お金がもらえないようになったいます。

そのため、転職エージェントも、求人企業の求める人物像をしっかりとヒアリングしておき、転職希望者が、その条件にマッチできるか、を考えています。

もちろん、転職希望者が転職した後でも、ちゃんと仕事に満足できたかどうか、雇用関係に不満はないか、考えなくてはなりません。

転職エージェントが求める、転職成功とは、求人企業も、転職希望者も、両方とも満足できること、WIN-WINな転職サービスなのです。

転職エージェント_転職成功

転職した後で「こんなはずじゃなかった!」にならないために・・・

転職した後で、転職するんじゃなかった!と思う人も少なからず、います。

厚生労働省は、転職して後悔している人:65%と、発表しています。

資料:厚生労働省;おしごとアドバイザーHPより

具体的な例だと、大手の研究職から転職した人が、“日立の方が遥かに良かった。なぜ辞めたんだろうか(…)つらい”と、転職失敗事例をtwitter上で、つぶやいています(資料:キャリコネニュース2015年3月30日)。

転職してみたら、実際に自分の考えているような職場じゃなかた!と訴える人が、いるのも現状です。

どうして、転職希望者と求人企業のミスマッチが起こると思いますか?

実は、今まで、紹介してきた「転職したい理由リスト」が、できていないからです。

今、紹介した大手研究職から、転職して後悔している人は、「給料が上がらなかったから」という理由で、転職しています。

研究職からの転職

給料は、自分の頑張りでは、どうにもならず、会社の業績や景気にも、左右される指標です。

給料が上がらないのは、人事評価のシステムへの不満です。

もっと、評価システムが明確になっているところに、転職すべきだったのですが、転職後に「(雇用契約が)聞いていた話と違う」と、つぶやいています。

つまり、評価システムが明確になっていないところに、転職してしまった、という転職失敗例です。

前職の仕事の内容である、学会発表や国際学会などは、満足していた様子ですから、同じ研究分野に身を置くべきでした。

「研究分野で、人事評価システムが明確なところ」という転職先を希望すべきです。

この希望がかなえられないなら、どこを削るべきか。

研究が好きなので、このまま残留すべきだったかもしれません。

人事評価システムが明確な転職先を探してもらうべきだったかもしれません。

どうして、自分が転職したいのか、転職するにあたって、自分が優先すべきことは何か、をはっきりさせていないと、後になって、転職したのに、しないほうが良かったと後悔する人がでてきてしまうんです。

それぞれがこだわっているものは、他人には、わかりません。

転職したい理由を明らかにする

仮にわたしだったら、研究分野にはこだわりがないので、研究の延長上の調査やコンサル分野でも、いいです。

とにかく、自分が働きやすいと感じる仕事なら、なんでもいいと思っています。

ところが、わたしの考えとは違って、どうしても、研究ということになると、かなり限られた仕事しか紹介できそうにないのです。

こういう場合は、「今の会社で、それなりの立場(管理職)になり、研究分野を継続してはどうですか。」と正直にお答えするように、しています。

そこで、次のステップで、最初に作ってもらった「転職したい理由リスト」の順位付けをしてもらいたいと、思います。

「転職したい理由リスト」の中で、一番、優先度が高い理由は、どれですか?〇印をつけてください。

女性の転職エージェント

ホンネでは、〇「上司のえこひいきで、人間関係がツラい」です。あ、前向きな表現だと・・・?

人間関係が悪い_転職

「今の環境を変えて、新しい人間関係を築けるようになりたい!」でしたね!

人間関係を改善する転職活動

ハイ。給料の査定の仕方も、仕事量の調整の仕方も、すべて、この帝王みたいな上司が、やっているんです!

前職の不満

(・_・D フムフム。上司とあなたの相性が悪いから、転職したいということですか?

人間関係

今までは、他の部署にいたんですっ!急に、上司になって、威張り散らしていて、気が合わないどころではありませんよ!

上司への不満_転職

他の部署から、あなたの部署に来たわけですね。じゃぁ、その上司が他の部署に異動になれば、あなたは転職したくないのですか?

異動_転職

え!?でも、アイツは上の人に取り入っていますからね!絶対に、異動なんて、しませんよ!!

異動願_転職

ちなみに、その上司の方の年齢は、いくつぐらいですか?

上司との相性が悪い

?63才位じゃないですか!再雇用だしっ!

上司との人間関係

あなたの会社では、ずいぶん、長く働ける環境なんですね!再雇用制度もあるなんてね!

人事制度_長く働ける環境

アイツ(上司)だけ、特別だって、本人が言っていました!頭にくるでしょ~!!!

上司への不満_転職

他の人には、そういう制度はないんですか?就業規則は、読んでみましたか?人事部とか、総務部には、雇用の制度は、聞いてみた?

雇用制度_就業規則

聞いてみます・・・(´・ω・`)。

終章規則を確認

入社した後、実際に、就業規則を読んでいないケースが多いものです。

仮に転職先が確保された場合に、退職願を会社に提出しなければ、なりません。

日本の法律では、だいたい2週間前までに、会社側に退職したい旨を届けるようになっているのですが、就業規則に1ヶ月前に提出することが書かれていて、トラブルになることもあります。

退職金が支払われる場合もあるので、ぜひ、転職する前に、就業規則をご一読ください!

もしも、その上司の方が、すぐにでも、いなくなったら、あなたは、今の仕事を続けていきたいのですか?

人間関係の改善

いいえ。上司がいなくなった後でも、別の会社に行きたいです。今までしてきた仕事の延長でなくても、かまいません。

転職する理由

「嫌なヤツは、どこにでもいる」、そう聞いたことはありませんか?

わたしの経験では、「嫌なヤツは、どこにでも、いませんでした」。

「転職した先に、嫌なヤツがいたら、また転職するの?」、と、転職前に、聞かれたこともありました。

正直、転職した先は、前の会社よりもヒドイ環境はない!と、わかっていました。

もちろん、転職先が良かっただけ、結果的に人間関係がよかった、という人もいるでしょう。

この“結果的な”転職、人間関係が良い転職先に、その方が、巡り合えたのは、運だけでしょうか。

実際に、運だけでは、ありません。

転職予想

人間関係で悩んでいる転職希望者に、人間関係の悪い職場を紹介するような、転職エージェントは、まずいません。

そうなると、前にも言いましたように、転職の成功報酬が、受け取れなくなってしまうからです。

転職エージェントの方も、その求人企業の雰囲気にあう人か、どうかを見極めてから、情報を提供しています。

転職エージェントは、求人企業の雰囲気や、求人をしている部署の雰囲気は、だいたい知っています。

そのうえで、転職希望者に、求人情報を提供するのです。

職場に強いストレスを感じている人が60.9%のうち、41.3%が、人間関係に悩んでいるのです!

資料:厚生労働省; 2012

また、ある調査では、人間関係に悩む場合、転職を検討している人は、60%です!

ね・・。人間関係の悩みは、いかに多いか、わかるでしょう。

人間関係に悩んでの転職

これまでは、人間関係は、キーワードに、なっていませんでした。

理由は、業績がよかったからだと思います。

右肩上がりの成長を信じていて、給料ももらえたし、何よりも、社内にライバルが、少なかったはずです。

そういう見返りがあった世の中では、多少、嫌なヤツがいたとしても、メリットの方が大きいので、我慢して働くことができました。

だけど今は、十分なメリットが与えられません。

これまで、いろいろなことに我慢して働いてきたメリットが、なくなると、不満が爆発してしまいます。

仕事での人間関係の悩み

我慢して働ていた人たちは、我慢しない世代に対して、自分の我慢を強要させようとします。

自分たちだけ、我慢せず仕事だけをしている人たちに、攻撃的になるようになります。

それに今では、世界と競争しなくてはなりません。

昔からあった、やり方が通じなくなったり、専門性が必要だった仕事や、熟練のワザが必要だった仕事が減ってきたり、しました。

これまで、ライバルが少ないからこそ、お互いの仕事を認め合ってきたのに、みんながライバルになりました。

男性ばかりだった、職場に女性が増えて、長く働けばいいという価値観だけにとどまらなくなりました。

仕事と家庭を両立することが、良いという風潮になったので、仕事ひとすじでやってきた人たちは、時間ができても、どうしていいのか、わからなくなってしまいました。

こんな風にして、だんだんと、いろいろなところで、職場の雰囲気がギスギスしだしたのです。

これまでは、なんとなく、転職した方がいいみたいな、雰囲気に押し流されていました。だけど、「転職したい理由リスト」を作ってみたら、人間関係は、ただの理由で、一番の理由は、別の仕事を経験してみたくなってきた、という風にも感じています。

転職希望者_求人_応募

「転職したい理由リスト」は、自分の不満と向き合って、今の状況をどうしたいのかを、はっきりさせます。結局は、自分が変わらなければ、何も変わらないと、気づく。それで、自分がどうやって、状況を変えるのか、止まっていた思考を、先に進めることが、できるんです。

転職の理由

「転職したい理由リスト」のおかげで、どういう職場を求めているのかも、わかりました。

転職活動_モチベーション

「転職したい理由リスト」には、今の職場の不満がたくさん書いてあります。たしかに、自分の求めている理想の会社をさがすための、ヒントになるかもしれませんね!ところで、どんな会社に転職したくなりましたか?

職場の不満

一番は、自分が働きやすいような、活気のある会社です。多様性みたいなものがある会社がいいし、新しいことにチャレンジできるような会社があったら、そういうところがいいと、思いました。前までは、長く働くことを一番に考えていたんですが・・・

働きやすい会社に転職

!?女性の場合は、長く働ける環境を簡単には、あきらめてはダメですよ!

女性は長く働く環境が大切

へっ!?長く働ける環境って、そんなに貴重なんですか?

長く働ける環境は貴重

女性の場合は、男性よりも、ライフイベントが多くあります。出産や育児、介護などのライフイベントを、男性と平等だと考えていることは、キケンです。それから、女性と男性の体力差も忘れては、いけないと思います。

男性と女性の差

わたし、まだ、結婚もしていないので・・・

結婚と転職

結婚していても、結婚しなくても、どちらでも、いいと思います。どちらが、良かったかは、人それぞれの問題です。子どもを持つという、価値観についても、いろいろです。だけど、介護の問題は、だれにでも起こりうる問題なんです。職場の制度があるか、ないかは、重要な判断材料の一つです。

ライフイベントと転職

結局のところ、制度が整っている会社は、女性が働きやすい会社になります。だけど、女性が働きやすい会社は、きっと、男性も働きやすいはずです。それと、メンタルヘルスのリスクを軽視しないこと。女性は、感受性が男性よりも、豊かだと言われます。メンタルヘルスの不調などにも気をつけるべきです。

メンタルヘルス_転職

女性が気にすべき、メンタルヘルスの問題

女性は、男性よりも、ヒトの顔色を見る生き物です。

これは、女性が、子どもを産み、育てる役割を、担ってきたからです。

人間だけではありません、動物も同じです。

もう一つ、女性は、環境の変化を嫌う傾向があります

こちらも、わたしたちが、おサルさんのような生活をしてきたときから、子育てするときに、大きく環境が変わると、無事に育てることが、できなくなるからです。

顔色を伺ってしまう性格だとか、環境が変わることを好まない人、というのは、わたしたち、女性の遺伝子に刻まれているものです。

それを、人間として、大脳を使って、コントロールしながら、社会生活をしていくわけですから、自分でも、どうすることもできない問題だったりします。

転職したい理由リストの作成

だからといって、女性が、社会に向いていない理由には、ならないのです。

細かい心配りができたり、消費者目線になった仕事、効率よく時間を使う得るようにマルチタスクな脳の作り、などなど、女性にしかない特長が、たくさんあります。

自信をなくしている女性に、お伝えしたいのは、男性と張り合わないでよい、ということです。

男性社会の中で、仕事をしてきたあなたなら、わかると思います。

男性は、群れで生きる生き物です。

古くから、群れの中で生活するために、それぞれの役割を作って、縄張りの中で、生きてきたのです。

急に、女性(=よそ者)が入ってきて、役割を取られたり、縄張りをムシされたら、不安になるのです。

職場の人間関係で転職

だから、今の社会が男尊女卑だとか、言いたいのでは、ありません。

男性社会の中で、不満を減らしながら、仕事をさせていただくためには、役割を横取りしませんよ、そして、彼らの縄張りを守るふりをしながら、可憐な身のこなし方法を、覚えるしか、ありません

そして、女性なので、感受性が豊かだと認識して、素のまま、流行りの言葉でいえば、ありのままの自分に戻れる場所を見つけておく必要があります。

それが、メンタルタフネスという、ストレス耐性です。

ありのままの自分に戻れる場所といいましたが、明確な場所だけではありません。

ありのままの自分に戻るためには、没頭できる趣味のようなものが、必要です。

ゴロゴロして、何も考えたくない、そういう気分になることもあるでしょう。

ゴロゴロして、何も考えなくてもいいように、瞑想する、というのも、ありのままの自分に戻れる場所づくりです。

メンタルタフネス_転職_仕事

ストレス耐性を身に着けるには、運動・スポーツがいいという、お医者さんもたくさんいます。

たしかに、スポーツをしていた経験のある人なら、汗をかく爽快感と、没頭できる時間を持てる、とお思いでしょうが、文科系の部活だった人には、当てはまりません。

急激な運動・スポーツは、心臓に負担がかかります。

心臓というのは、一生のうち、鼓動する回数が決められているので、あまり心拍数を早くする暮らしをしていると、長生きできなくなる、かもしれません。

そして、まじめな女性に多いのが、「スポーツをやらなければ、ならない」、という義務感です。

「ねば、ならない」状況というのは、余計なストレスを背負うことになります。

十分に仕事でストレスを感じているのですから、これ以上のストレスを背負う必要は、ありません。

床でゴロゴロしながらするストレッチや、お風呂でするマッサージ、それから、近くの散歩・ウォーキングやサイクリングなどでも、充分に運動できています。

芸能人や著名人が、自分のライフスタイルを公開していますが、メディアにおどらされず、そして、どうかムリなさらないこと、これが、ストレス耐性を、うまく身につける第一歩なのです。

そっかぁ。転職って、自分のライフスタイルまで、変わるかもしれないんですね!

女性_ライフスタイル_転職

転職は、よい変化の入り口なんだって、わかってくださったみたいですね!ぜひ、前向きな気持ちで、転職活動を開始しましょう!

転職活動の効率化

はいっ!!ところで、さっき、女性が働きやすい会社の話がでていたと思いますが、そういう会社への転職をサポートしてくれる転職サービスって、あるんですか?

転職サポート

女性に特化した転職支援のサービスを提供できる、転職エージェント・パソナキャリアを利用することが、お勧めです!

転職支援_女性

転職の仕方:女性が、転職活動を開始するなら、コノ転職エージェント!

転職エージェント パソナキャリア:パソナキャリア

パソナキャリアHP

j女性歓迎の求人企業が多いことが、特徴です。
そのため、女性の転職に特化して、情報を発信し続けています。

ここは、30代、院卒の女性のために、おすすめな転職エージェント。
パソナキャリア

まず、その理由は、技術系の求人情報が多いから!コアな技術系求人案件を多数、保有しているから!

他の転職エージェントと違って、公開情報の検索が、しやすいのは、とても良心的です。
これまで、25万人を転職成功に導いた実績も、輝かしいです。

それも、そのはず!

全体の求人の中でも、年収が比較的高めに、なっています。

転職初心者には難しい、年収交渉や、前職の円満退社のサポートも、この転職エージェントなら、お任せできます。

全体の転職者のうち、67%の年収をアップさせているから、実力は、もうおわかりでしょう。

特に、重要なプロジェクトで活躍できる人材を募集している場合は、非公開を希望する企業が多いものです。

まだ、転職活動を始めるつもりがなくても、実は、登録だけしている人も多いのです。

そんな、登録だけしている人の目的が、“社名非公開の求人から、転職市場の動向を定点観測する”ため、なんだって・・・。

そんな、自分のタイミングで、転職活動を始めようとする、ちゃっかりした転職希望者も、歓迎してくれます。

ここは、絶対に、登録したい転職エージェントですよっ!

無料でお仕事をさがす

パソナキャリア

パソナキャリアに、まずは登録することにして、他には、どんな転職エージェントがあるんですか?

おすすめの転職エージェント

転職エージェントは、大手だけでなく、もちろん、小さなエージェント会社もあります。小さな転職エージェントを利用するには、大手の転職サイトに登録すると、そこから紹介してもらえる仕組みができています。

大手の転職エージェント

転職エージェントと、転職サイトの違いって、何ですか?

転職エージェントと転職サイト

転職エージェントは、あなたにあった求人情報をいくつか紹介してくれる、リコメンドサービスです。転職サイトは、基本的には自分で求人情報をさがす仕組みです。転職サイトのいいところは、自分のしてきた仕事を公開しておくと、オファーというスカウトサービスを利用できることです。

転職サービスを活用した時短

転職活動の期間を短くしたい人は、転職エージェントを2社くらい、それと、転職サイトのスカウトを受け取るように登録することです。そうすれば、自分で探せたうえ、おすすめの求人情報を転職エージェントからもらいつつ、スカウトで、隠れた優良企業の求人にアクセスできる可能性があるってことです!

優良企業の求人

なんだか、忙しそうだなぁ・・・

転職活動の時短

むしろ、忙しい人向けの転職活動の方法ですよ!求人情報をさがしてもらって、自分でも時間があるときにさがせて、しかも、他にない求人情報をスカウトで、受け取るんだから!

忙しい人は転職エージェントを活用する

時間があるひとは、転職サイトだけでも、充分なんですか?

転職エージェントと転職サイトの違い

転職サイトは、自分が転職したくなったら、本格的な活動を開始するための、いわばモニターのために利用すると、いいと思います。仕事を一時、中断した人は、転職サイトをメインにしている人が多いですね。仕事をしながらの転職活動は、時間の制約がかなりあるので、転職エージェントを利用している人が多いですね。

転職サイトのスカウト機能

そっか。転職エージェントと、転職サイトの違いが、ようやく、わかりました!両方のいいところを活用できれば、なんか、うまくいく気がしますね!

転職サイトと転職エージェントの併用

わからないことが、わかるようになると、ハードルが低くなり、次に自分が何をすべきか、クリアになります。ただ漠然と考えているだけでは、不安だらけに、なってしまうんですよねっ!

転職活動でやるべきこと

仕事をしながら、効率のよく、転職活動をするためには、転職エージェントに加えて、転職サイトを活用が必須

転職エージェントは、転職初心者のために、履歴書の書き方の指導職務経歴書の書き方の指導を無料で、します。

転職エージェントと作った、履歴書と職務経歴書は、転職サイトで、自分から求人に応募するときにも、利用できます。

ぜひ、やってほしいのは、転職サイトに登録するだけでなく、スカウトを受け取る登録も併用してほしいのです。

転職エージェントに相談しながら、作成した職務経歴書や履歴書は、早速、スカウト機能にアップしてしまいます。

そうして、スカウトを待ちながら、転職サイトを利用した求人の検索と、転職エージェントからの求人情報を待ちましょう。

このように、3つの転職サービスを利用できれば、あなたの転職活動の期間が、短くなります

おすすめで、無料の転職エージェント

女性特化でお仕事をさがすなら、コチラを登録

パソナキャリア

ホンキでお仕事をさがすなら、コチラを登録

リクルートエージェント

スカウト&検索型、転職サイトなら、コチラを登録

リクナビNEXT

    この記事のまとめ

  • 「転職したい理由リスト」は必ず作ること!
  • 「転職したい理由リスト」のホンネを、前向きな表現に置き換える練習をすること!
  • 求人情報を第三者が探してくれるのが「転職エージェント」で、自分で探す&スカウトを待つのが「転職サイト」。

転職アドバイザーのまとめ

>>>TOPページへ

公開日時:2016年10月18日