タグ別アーカイブ: 仕事の悩み

働きやすい会社の指標から転職先をさがす

働きやすさ の指標を使って、転職活動を応援します!

新しい生活を始めた方も、そうでない方も、春になると、いろいろなニュースや、新しい仕事などなど、たくさんの刺激にあふれていますよね。

今日は、これまで、あまり見向きされてこなかった、“働き方”について、いろいろと調べてきましたので、まとめておきたいと、思います。

働き方”が、意識されるようになった背景

メディアなどを通じて、“働き方”という言葉を、聞いたことがあると思います。

最初は、安倍総理大臣が、声高らかに、アベノミクスで、【働き方改革】と言っていたわけですが、ほとんどの人が見向きしなかったのが、実情だと思います。

働き方”に反応していたのは、働きにくいと感じていた若者層だったけど、結局は、何も変わらないんじゃないか・・・みたいに、すぐに、あきらめられてしまった感じです。

・・・ところが!!!

日本経済の中で、“働き方”を意識するような動きが、出てきたんです。

これを受けて、東洋経済新報社の会社四季報も、反応しています。

例えば、これまでは、売上高だとか、成長率だとかを指標とした、会社のランキングが多かったんですね。

だけど、今期は、はじめて、“働き方”をテーマにした、会社のランキングを発表されています。

働きやすい会社。

10年後に成長している会社は、働きやすい会社だと、予測されているのです。

今回は、注目が高まった、働きやすさの指標をつかった、会社ランキングを参考にしながら、働きやすい会社をさがしてみましょう!

働きやすさ”ランキング、残業の少ない会社TOP10

まずは、2015年度の残業の少ない会社です。

残業が少ないトップ100社のうち、TOP5位までの平均残業時間は、1時間10分~1時間40分に以内に収まっています。

残業が少ない会社100位の平均残業時間は、6時間21分でした。

50位の会社では、平均残業時間は、4時間30分となっています。

残業が少ない会社の平均残業時間

  • 1位の会社  :1時間07分
  • 50位の会社 :4時間30分
  • 100位の会社:6時間21分
  • (参考:会社四季報 2017年春号、東洋経済新報社)

月平均の残業時間が、6時間半・・・多いですね・・・。

残業時間が少ない会社

そうですね。これで、残業が少ないランキングに入るってところが・・・。

働きやすさ

もし定時が18時だとしたら、0時間まわってしまいますよ!?

残業時間が少ない会社への転職

残業を減らす取り組みは、確実に、あるんだけどね・・・残念。

残業が多い会社

注意したいのは、1年間を通しての平均値だということです。

繁忙期がどのくらい、というのは、残念ながら調査できなかったみたいですね。

会社四季報で、取り上げられている会社の中でのランキングには、なるのですが、きっと参考になるはずです。

働きやすい会社 転職

コレが残業が少ない会社・TOP10

10位:トミタ電機

9位:サンコーテクノ

8位(同率):クラスターテクノロジー

8位(同率):デジタルメディアプロフェッショナル

6位:東海染工

5位:エレマテック

4位:アイサンテクノロジー

3位:株式会社総医研ホールディングス

2位:アグロ カネショウ

1位:日本フェルト

また、注目すべきは、残業の少ない会社TOP100社は、前年度と比べても、さらに残業時間が減っているところが、多いということろです。(東洋経済新報社の調べ)

残業の少なさは、世界にとっても、注目されています。

日本の過労死は、外国人からとったら「ハテナ」で、いっぱいになっているようです。

残業時間は、どの会社も、減らす傾向です。なかには、仕事量を減らして、調整を取る会社もありますよ!?

残業時間が少ない会社への転職

ある会社の社長さんに、お話しを聞いたのですが、アメリカの会社を買収してわかったのは、アメリカ人は働かないけど、きっちりと結果を示してくる、ということでした。

アメリカ人は、どうやったら、効率よくできるか、をいつも、考えているというのです。

ムダに営業することもなく、ちゃんと、必要としているお客さんを見つけてきて、売り上げを立てているんだそうです。

日本は、高度成長期にかなり頑張って、先進国の仲間入りをしました。

だからこそ、精神力で頑張る、シナリオに、こだわってしまうのかも、しれませんね。

これから、仕事が、時間だけに、こだわらなければ、女性だけでなく、男性も負荷が減ってくるでしょうね。

働きやすさ”ランキング、有給休暇取得日数TOP10

次に、2015年度の有給休暇を多く取得できている会社です。

コレが有給休暇が取りやすい会社・TOP10

10位(同率):レオン自動機

10位(同率):田辺三菱製薬

8位:ワイヤレスゲート

7位:ファンケル

6位:ダイキン工業

5位:東燃ゼネラル石油

4位:有機合成薬品工業

3位:東武鉄道

2位:ゆうちょ銀行

1位:日本郵政

有給休暇を多く取得できている会社トップ100社のうち、TOP5位までは、有給休暇:21日以上です。

100位の有給休暇の取得日数は、16日でした。

50位の会社では、有給休暇の取得日数は、17.5日となっています。

有給休暇を多く取得できている会社

  • 1位の会社  :24.5日
  • 50位の会社 :17.4日
  • 100位の会社:16.0日
  • (参考:会社四季報 2017年春号、東洋経済新報社)

眺めてみた感じで、わたしが驚いたのは、忙しいと思われるIT系の会社が、トップ100に、かなり入っているという点です。

また、人員配置の計画的にしやすい職種、インフラ系の会社は、やはり有給休暇が、取りやすいため、多くなっていました。

働きやすい会社への転職

先日、売上高がかなり高いIT系の企業の方に、お話しを伺ったのですが、労働時間を厳しく管理している様子でした。

残業時間が多くなった月には、問答無用で、月末の金曜日に、有給休暇を取得してもらうようにしているとのことでした。

子どもさんたちは、学校に行っているので、休みになっても、家でひとりぼっちで過ごしているとのことでした。

働きやすい会社の指標を使った転職

夕方から、外に出てみると、いろいろなことに、気づかされるので、次の月の仕事のヒントになることも、あるようです。

ひと月の労働時間を減らす取り組みは、優秀な人材の確保のため、なんだそうです。

どうしても、忙しいと敬遠されがちな、IT系企業は、他の業種よりも、労働時間を減らして、給料を良くしないと、来てもらえないんだそうです。

外国人労働者については、差別をなくしていくつもりだけど、日本人同士の方が、意思疎通が簡単で、スムーズなので、優先されてしまうとのことでした。

IT系で、残業が少ない会社は、どういう仕組みなんですか?

残業の少ない会社

少なくできるのは、仕事を限定するって、ところですね。

有給休暇を取得しやすい会社への転職

仕事を限定!?そんなことしたら、売上が、上がらないですよねぇ・・・。

有給休暇を取得しやすい会社

いえいえ・・・儲かっている会社さんは、本当に、儲かっていますよ!

有給休暇を取得しやすい会社への転職

もう少し、ヒントを!

有給休暇取得率

例えば、一つの強みとなるメインの仕事があって、その周りのサービスを強化したりして、外部によらず、内部の効率化を進めるような働き方は、残業が少ないですね。

有給休暇を取得しやすい会社への転職

働きやすさ”ランキング、新卒3年後の低離職企業TOP15

次に、新卒採用者者が、3年後に離職する割合が低い会社です。

3年後に離職する割合が、ゼロだった会社で、トップ14位まで、うまってしまいました。

コレが離職が少ない会社・TOP15

1位(同率):国際石油開発定石
1位(同率):カルビー
1位(同率):キッコーマン
1位(同率):日本曹達
1位(同率):塩野義製薬
1位(同率):イーグル工業
1位(同率):JVCケンウッド
1位(同率):愛三工業
1位(同率):東京計器
1位(同率):オリンパス
1位(同率):任天堂
1位(同率):三菱地所
1位(同率):中国電力
1位(同率):沖縄電力

(参考)15位:島津製作所

新卒者が、3年後に離職する割合が低い会社トップ100社のうち、TOP14位までは、離職率:ゼロです。

100位の会社の3年後・離職割合は、5.25%でした。

50位の会社では、3年後・離職割合は、3.13%となっています。

離職する割合が低い会社

  • 1~14位の会社  :ゼロ
  • 50位の会社 :5.25%
  • 100位の会社:3.13%
  • (参考:会社四季報 2017年春号、東洋経済新報社)

眺めてみた感じでは、花王などの化学系の企業やキリンHD、味の素など、食品系の企業も、辞める割合が少ないランキング100に入っています。

ブラック企業では、新卒者が、3年で辞めるって、聞いたことあります。

仕事中のインフルエンザ予防

1年目で辞めてしまう人は、体力的な問題のケースが多いわね。

離職率が高い会社

3年というと、だいたい仕事に自信がついてくるころなので、独立転職するってことも、あるのかな?

離職率が低い会社への転職

不安をあおるような世の中だから、将来性は大切なんですよね。

将来性のある会社への転職

たしかに。会社の将来性が見えないというのは、離職理由でも、ウェイトが大きいかな・・・

離職率が低い会社

本当かな・・・?と思ったのは、かなり、残業が多く、キツイ会社で知っている会社さんが、ランキング内に登場している点です。

元社員に聞いた話だったので、具体的に、この会社とは、言えませんが・・・ごめんなさい。

部署にもよると思うのですが、技術系の転職を応援しているわたしとしては、理系や文系などで、分けてほしかったかな・・・。

働きやすい会社 転職

これについて、会社四季報編集部さんのお話しでは、最初、離職率の高い順にランキングしようと、思ったそうなんです。

だけど、それは、会社の評判に、影響してしまうという理由で、できなかったんだそうです。

うーん、残念です。

今の新卒採用者は、一つの会社で、長く働きたい人が、多いんですね。

転職アドバイザーtenの感想

転職のような、いわゆるリスクに向き合うのは、あまり得意ではないように、育ってきた人たちです。

そうはいっても、船が沈みそうなときには、いち早く、逃げ出す用意をした方がいいと、思います。

いつの日か、みんなが、リスクを取るようになったら、彼らも、同じように、動くのかな・・・?

働く人たちの世代の影響が、かなり、あるような気はしますが、確実に、働きやすい企業が増えてくるような、そんな春の予感です。

ten_01

参考資料

会社四季報 2017年春号、東洋経済新報社

>>>TOPページへ

おすすめの記事はコチラ
履歴書・職務経歴書の書き方(1)
自己紹介の作り方
履歴書は手書きでなくてよい
添え状は、いらない
添え状が必要なケース
自己PRの書き方
キャリアの抽出の仕方
職務経歴書の書き方
エピソードの作り方

おすすめの転職エージェントはコチラの3社です!

パソナキャリア
ワークポート
リクルートエージェント

転職の仕方:女性が、転職活動を開始するなら、コノ転職エージェント!

転職エージェント パソナキャリア:パソナキャリア

パソナキャリアHP

女性歓迎の求人企業を多く持ち、女性の転職に特化した情報を発信する転職エージェント。技術系の求人情報が多い、公開情報からも検索しやすい、のが特徴。公開情報でも、コアな技術系求人案件がたくさんある。

25万人を転職させ、67%の転職者を年収アップさせた実績を持つ。

重要なプロジェクトで活躍できる人材を募集している求人企業は、一般に非公開で、募集するため、ホンキの転職なら、登録すべき、転職エージェント。

登録しなくても、求人検索が可能なので、転職市場の動向を観察し、求人が多い時期に転職活動を開始したい人も、多い。

求人企業の年収は、他社の求人よりも、比較的高め。もちろん、年収交渉や前職の円満退社のサポートも、お願いできる。

無料でお仕事をさがす

パソナキャリア

>>>TOPページへ

転職_がん_女性

病気になっても、働き続けることができるのか

例えば、ガンになっても、働き続けることができるのか。

一度、立ち止まって、考えてみてください。

女性特有のガンに対する無知な現状

特に女性の場合は、女性特有のガンがあります。

もちろん、男性にもありますよ、特有のガン。例えば、前立腺がん。

だけど、男性がガンになっても、「治療を続けながら、働ける社会」を目指せるのに、なぜか、女性の場合は、そういう環境ではありません。

がんでも働き続けることはできるか_転職_女性

悲しいことに、まだまだ、男性中心の日本社会では、特に女性特有のガンに対する知識が、ないようです。

女性特有のがんは、子宮がんや乳がんです。

子宮がんや前立腺がんなど、生殖器のがんは、多くの場合、年を重ねたから、発症しています。

だけど、乳がんは、30代や40代での発症が多く、リンパに近いこともあって、転移性のがんを心配されることが、現状です。

特に、働き盛りの30代や40代では、治療しながら、仕事ができるのに、変な気を使われたりすることが多いのです。

どちらかというと、乳がんに対する、無知が引き起こしている、差別のようなものです。

変な気を使う人は、たいてい、よくわからないから、気を使います。

がんでも働き続ける_転職_女

特に、男性の場合、女性のカラダのことは、何もわかっていないヒトばかりです。

医学系や生物系の大学を出ている男性は、女性の体調のことや、女性特有のがんに対する理解がある方ですが、やはり、病気に対する知識が備わっていない人が、当たり前のように多いのです。

きっと、女性特有の病気のこと、例えば、家族の方が病気になったとかで、知っていれば、おせっかいしてくれると思いますが。

乳がんを告白したら、解雇または、取引終了になった人も!?

乳がんの告知を受けた方は、実にストレスが、高まっている状態です。

だけど、乳がんでも、医学の発達とともに、早期発見ができていれば、元気で実感なんて、ありません。

それに、治療と仕事の両立は、可能です。

それなに、意を決して、上司や取引先に、がんを告白してみたところ—

「若いのに、お気の毒様です、これからは体を第一にして・・・」といって、解雇されてしまう方がいたのです。

がん_疾病_転職_女性_30代

乳がんとなって、これから、治療費がかかるからこそ、お金が必要です。

それに、30代や40代ですから、まだまだ、生きることができます。

そんな時に、働く先がなかったら、せっかく、治療しているのに、その後の人生が、生きにくくなるのです。

そうして、疲れて果ててしまう方もいます。

急に、そういう解雇などのトラブルに巻き込まれた方、離職票を受け取りましょう。

そして、すぐ転職活動しましょう。

転職活動中は、失業保険を受け取ります。

自主退職ではないので、ハローワークに手続きに行けば、失業保険がもらえるようになります。

がん_疾病_転職_女性_30代_40代

すぐに、貯金を食いつぶすことなんて、まずありませんよ。

ただ、治療しながらでは、難しいのであれば、パートやアルバイトで働いて、食べつなぐことは、できます。

キャリアに穴が開いてしまうと思う方も多いでしょうが、実は、会社員ではできない経験が、そこには、たくさんあるはずなのです。

その中で、自分に身に就いた、考え方や経験を職務経歴書に書いてみてください。

前の会社では、評価してもらえなかったとしても、世の中には、他の人がしていない経験を宝だと、考えてくれる会社や採用担当がいるのです。

まだ、出会えていないだけ、なんです。

乳がん_疾病_転職_女性_30代_40代

会社員だからこそ、考えておきたい、生きる道

わたしは、転職アドバイザーなのに、こんなこと、言うのも、なんですが、会社員時代は、会社員で雇われなくても、少しの間だけでも、食いつなげるような趣味を作ると、いいと思います。

趣味で食べていけない、と嘆くような方は、たいてい、トライしたことのない人なんです。

新卒で入社したときには、転職することなんて、考えたことがない人もいるでしょう。

だけど、何か事情があったり、体調が変化したり、ライフスタイルが変わったりして、仕事を変わるのは、ごく自然なことです。

乳がん_疾病_転職_女性_30代_エージェント

新しい働く場所に移ってから、自分を大切にできるようになった人は、たくさん、いますからねっ!

新卒で入社したときには、他の会社のことまで、考えていなかった人も多いです。

入ってみたら、意外に冷たい会社だったりします。

そんな冷たい会社にいては、治るものも治りませんよ。

がんの治療と、仕事の両立ができる会社で、働けていますか?

そして、何よりも、あなたが、生きることを応援してくれるような会社に転職することが、大事!そう思えば、いいのですよ。

わたしは、このサイトで、働く女性を応援している、転職エージェントをおすすめしています。

初心者の転職なら、やはり親切重視のワークポートと併用して利用したいのが、マイナビエージェントの併用がおすすめっ!

転職 おすすめ 第二新卒転職初心者におすすめ:マイナビエージェント

新卒の就職サポートで有名な、マイナビグループが母体マイナビエージェントは、転職初心者が利用しやすい転職エージェント。

求人企業の雰囲気は、ブラック企業の要素がないか、訪問して、独自に調べていますので、安心して転職したい人にも、おすすめです。

業界のことを知り尽くしたキャリアコンサルタントが、応募時の書類準備から面接の対策方法まで、転職の必勝ノウハウを伝授してくれます。

転職した後で、入社した会社で満足できているか、初期のお悩みなどをフォローできる体制があり、面倒見のよさが評判です。

転職の初心者なら、まずは登録しておき、転職ノウハウを活用したい転職エージェントです。

おすすめ転職トップ3の登録一覧
パソナキャリア
ワークポート
リクルートエージェント

転職活動を開始するなら、コノ転職エージェント!

転職エージェント パソナキャリア1位:パソナキャリア

パソナキャリアHP
パソナキャリアは、ずばり、当サイトのおすすめNo.1の転職エージェント!

グローバル視点を持つ求人企業、各業界の成長性など、幅広く、転職をサポートできます。

業界や企業の成長性を見極めた、企業分析が得意なので、不況のあおりで、再度転職なんて、ありません。雇用の安定を目指して、一度で、キッチリ、納得の転職が可能になるはずっ!

パソナキャリアは、医療・バイオ業界が、得意分野

こういうニーズのある分野にチカラを入れていくところもパソナキャリアならではの視点です。

メディカル、バイオ、医学業界に強く、理系大学院卒のわたしたちの目指す分野に、ピッタリ一致しますので、登録は必須ですよ!

実は、急成長の分野・企業、バイオ系大手企業などの求人情報は、重要な秘密プロジェクトのため、80%が非公開求人です。つまり、登録しないと、応募ができませんので、登録が必須なんです。

まずは、あなたのプロフィール、経歴、希望条件などを入力し、登録してみてください!その後、面談して、希望条件を中心に掘り下げていきましょう。

ここ、パソナキャリア面談は、仕事をしている方に合わせて土曜日や日曜日でも対応OK。

この面談が非常に丁寧で、評判がいいんだわ。求人企業へは、あなたとの面談の結果を踏まえて、推薦してくれます。詳しく調査してくれますので、入社試験や面接の対策も万全です。

無料でお仕事をさがす

パソナキャリア

転職 おすすめ ワークポート2位:ワークポート

転職 おすすめ ワークポート

IT特化から、出発した転職エージェントなので、求人企業の全体が成長企業。そんな成長企業・成長市場への転職に、強い転職エージェントのワークポートが、得意とするのは、成長している企業の中でも、メーカーや製造業です。

IT企業から、スピンアウトした、ものづくり企業だとか、建設系企業、不動産系の企業、金融系ITから派生した保険業などの、人事・経理・総務などの管理業務の求人が多め。

ワークポートでは、転職コンサルタントを、ホテルの“コンシェルジェ”のように、丁寧に接することに、徹底した転職エージェントです。

マンツーマン指導など、転職のサポートに、かなり定があります。

職務経歴書の添削はもちろんのこと、年収の交渉や円満退社までの転職に必要な活動期は、丸ごと引き受けてくれます。

特に、企業ごとの面接対策を指導してくれるので、面接合格率が高いのも、特徴。

もちろんね、人間同士なので、担当する転職コンサルタントとの相性に心配があることも、ありますよね。そんなときは、転職コンサルタントさんを変更してもらうこと、可能!転職成功のために、やってるサービスですから、大丈夫です。

女性の転職サポートについても、チカラが入っています。

それから、第二新卒の方への転職サポートも大丈夫!

これまで、大手の転職エージェントにはなかった、手厚~い転職サービスを展開中のちょっと、隠れ家的な転職エージェントです。

会社の未来に不安のある方、いつも安定した会社で、お仕事をしていきたい人には、ぜひ、おすすめしたい転職エージェントの一つです。

無料でお仕事をさがす

ワークポート

転職 エージェント おすすめ リクルートエージェント3位:リクルートエージェント

転職 エージェント おすすめ リクルートエージェント

転職の最大手なので、利用する方は、絶対の安心感があります。

転職のアドバイスはもちろんのこと、今、お勤めの会社からの円満退職までキャリアアドバイザーがサポートする、転職初心者から、転職経験者まで、広くサポートできるのが、特徴です。

例えば、年収1,000万円以上の高年収求人の情報、海外拠点の幹部候補や、グローバルで活躍するマネージャー、次期リーダーポジションなど、特にエクゼクティブ求人や、グローバル求人としても、その敏腕ぶりを発揮しています。

こんな風に、多くの人が利用する転職エージェントだけに、いわゆる、「一流の」転職希望者が集まってきます。

業界最大手のリクルートが運営するリクルートエージェントは、1977年の創業、ですから、転職市場の“しにせ”。述べ31万人の転職を成功させ、転職実績はNo.1と公言しています。

非公開求人の割合が、80%と高めなので、転職エージェントとの登録と面接が、必須です。会社ビルは新しく、座りごごちの良い椅子で転職エージェントとの面接に望めます。

最大手だけに求人数もかなり多く、自分だけでは探しきることができません。そのため、あなたにあわせた求人を数件提案してもらい、応募する企業を、絞ってもらいましょう!

ここは、総合的にカバーしている転職エージェントだという認識で、あなたが特別なスキルをお持ちなら、リクルートエージェントと、もう1社特化型の転職エージェントに併願して利用することをオススメします。

無料でお仕事をさがす

リクルートエージェント

おすすめトップ3に+して、相性のよい転職エージェントに複数登録

おすすめトップ3の他に、複数利用するなら、特徴を選んで登録するのが便利っ!

技術職の転職なら、パソナキャリアまたはリクルートエージェントと併用して利用したいのは、DODAtypeの人材紹介の相性がいいのでおすすめっ!

転職 エージェント おすすめ技術系・基礎研究にもおすすめ:DODA

転職 エージェント おすすめ DODA

インテリジェンスの転職サービスDODA

転職サービス大手だから、転職ノウハウは、さすがにスゴ技!

転職希望者のこれまでの職歴・キャリアから、希望に、近い求人企業を徹底して調査する。その徹底調査から、転職希望者と、そこにある転職市場のズレを客観的に整理しまくる。

徹底調査によって、転職希望者の強みと弱みを言い当てることが、可能!

自分だけでは、決して思いつかない本当の適性や、仕事内容についても、アドバイスします。

しかも、求人企業の、これから入社するかもしれない職場の生の情報がたくさん。現場の生の声は、実際にその企業で働く先輩からの情報だといいますよ!?

つまり、求人票だけではわからない、社風、働く部署の雰囲気、現場の環境、求人企業の将来性などなど、さまざまな角度の情報を持っているということです!

ヘタな評判サイトに登録するよりも、こちらを信用しましょう!

無料でお仕事をさがす

DODA

転職 エージェント おすすめ技術系・応用研究にもおすすめ:typeの人材紹介

転職 エージェント おすすめ typeの人材紹介 @type

理系、技術者、エンジニアのためのtypeの人材紹介

実は、登録している転職希望者は、ほとんどが忙しいビジネスマン&ビジネスウーマン、というのが特徴です。

そのため、手間をかけずに、転職情報が効率よく、得られるよう独自の工夫が、たくさんあります。

入社の面接で、想定される質問への対策もバッチリ!給与などの待遇の交渉や入社日の調整など、細かくて、時間を取られる交渉は、すべて転職エージェントにお任せすることが、できます。

登録だけして、転職の時期を調整するような、転職希望者も利用しているんだとか・・・。一番いい時期に、と狙うだけのキャリアがある人って、スゴイわね。

typeの人材紹介は、転職は、まだ先という人でも登録できるので、あなたの市場価値の診断テスト、キャリアアップのための転職情報のメールなどの情報をもらいながら、時期を調整しても、OKなんだって。

企業が求める人材像から、あなたの応募書類・レジュメ、履歴書のブラッシュアップと、面接対策のアドバイスを、充分にしてくれる、頼れる転職エージェントです。

無料でお仕事をさがす

typeの人材紹介

初心者の転職なら、やはり親切重視のワークポートと併用して利用したいのが、マイナビエージェントの併用がおすすめっ!

転職 おすすめ 第二新卒転職初心者におすすめ:マイナビエージェント

マイナビエージェントHP

就活生にも人気があったマイナビ社が母体。親切で丁寧な転職エージェント。求人企業は優良企業であることを前提としているので、職場の人間関係についても、直接訪問してヒアリングを続けている

転職活動に不安があるのなから、登録したい転職エージェント。

無料でお仕事をさがす

マイナビエージェント

リストラや経営不振による転職を経験したくないなら、成長企業への転職を後押ししてくれるワークポートパソナキャリアは絶対に併用利用するのがGoodっ!

おすすめ転職トップ3の登録一覧
パソナキャリア
ワークポート
リクルートエージェント

>>>TOPページへ