タグ別アーカイブ: 女性の転職

働きやすい会社の指標から転職先をさがす

働きやすさ の指標を使って、転職活動を応援します!

新しい生活を始めた方も、そうでない方も、春になると、いろいろなニュースや、新しい仕事などなど、たくさんの刺激にあふれていますよね。

今日は、これまで、あまり見向きされてこなかった、“働き方”について、いろいろと調べてきましたので、まとめておきたいと、思います。

働き方”が、意識されるようになった背景

メディアなどを通じて、“働き方”という言葉を、聞いたことがあると思います。

最初は、安倍総理大臣が、声高らかに、アベノミクスで、【働き方改革】と言っていたわけですが、ほとんどの人が見向きしなかったのが、実情だと思います。

働き方”に反応していたのは、働きにくいと感じていた若者層だったけど、結局は、何も変わらないんじゃないか・・・みたいに、すぐに、あきらめられてしまった感じです。

・・・ところが!!!

日本経済の中で、“働き方”を意識するような動きが、出てきたんです。

これを受けて、東洋経済新報社の会社四季報も、反応しています。

例えば、これまでは、売上高だとか、成長率だとかを指標とした、会社のランキングが多かったんですね。

だけど、今期は、はじめて、“働き方”をテーマにした、会社のランキングを発表されています。

働きやすい会社。

10年後に成長している会社は、働きやすい会社だと、予測されているのです。

今回は、注目が高まった、働きやすさの指標をつかった、会社ランキングを参考にしながら、働きやすい会社をさがしてみましょう!

働きやすさ”ランキング、残業の少ない会社TOP10

まずは、2015年度の残業の少ない会社です。

残業が少ないトップ100社のうち、TOP5位までの平均残業時間は、1時間10分~1時間40分に以内に収まっています。

残業が少ない会社100位の平均残業時間は、6時間21分でした。

50位の会社では、平均残業時間は、4時間30分となっています。

残業が少ない会社の平均残業時間

  • 1位の会社  :1時間07分
  • 50位の会社 :4時間30分
  • 100位の会社:6時間21分
  • (参考:会社四季報 2017年春号、東洋経済新報社)

月平均の残業時間が、6時間半・・・多いですね・・・。

残業時間が少ない会社

そうですね。これで、残業が少ないランキングに入るってところが・・・。

働きやすさ

もし定時が18時だとしたら、0時間まわってしまいますよ!?

残業時間が少ない会社への転職

残業を減らす取り組みは、確実に、あるんだけどね・・・残念。

残業が多い会社

注意したいのは、1年間を通しての平均値だということです。

繁忙期がどのくらい、というのは、残念ながら調査できなかったみたいですね。

会社四季報で、取り上げられている会社の中でのランキングには、なるのですが、きっと参考になるはずです。

働きやすい会社 転職

コレが残業が少ない会社・TOP10

10位:トミタ電機

9位:サンコーテクノ

8位(同率):クラスターテクノロジー

8位(同率):デジタルメディアプロフェッショナル

6位:東海染工

5位:エレマテック

4位:アイサンテクノロジー

3位:株式会社総医研ホールディングス

2位:アグロ カネショウ

1位:日本フェルト

また、注目すべきは、残業の少ない会社TOP100社は、前年度と比べても、さらに残業時間が減っているところが、多いということろです。(東洋経済新報社の調べ)

残業の少なさは、世界にとっても、注目されています。

日本の過労死は、外国人からとったら「ハテナ」で、いっぱいになっているようです。

残業時間は、どの会社も、減らす傾向です。なかには、仕事量を減らして、調整を取る会社もありますよ!?

残業時間が少ない会社への転職

ある会社の社長さんに、お話しを聞いたのですが、アメリカの会社を買収してわかったのは、アメリカ人は働かないけど、きっちりと結果を示してくる、ということでした。

アメリカ人は、どうやったら、効率よくできるか、をいつも、考えているというのです。

ムダに営業することもなく、ちゃんと、必要としているお客さんを見つけてきて、売り上げを立てているんだそうです。

日本は、高度成長期にかなり頑張って、先進国の仲間入りをしました。

だからこそ、精神力で頑張る、シナリオに、こだわってしまうのかも、しれませんね。

これから、仕事が、時間だけに、こだわらなければ、女性だけでなく、男性も負荷が減ってくるでしょうね。

働きやすさ”ランキング、有給休暇取得日数TOP10

次に、2015年度の有給休暇を多く取得できている会社です。

コレが有給休暇が取りやすい会社・TOP10

10位(同率):レオン自動機

10位(同率):田辺三菱製薬

8位:ワイヤレスゲート

7位:ファンケル

6位:ダイキン工業

5位:東燃ゼネラル石油

4位:有機合成薬品工業

3位:東武鉄道

2位:ゆうちょ銀行

1位:日本郵政

有給休暇を多く取得できている会社トップ100社のうち、TOP5位までは、有給休暇:21日以上です。

100位の有給休暇の取得日数は、16日でした。

50位の会社では、有給休暇の取得日数は、17.5日となっています。

有給休暇を多く取得できている会社

  • 1位の会社  :24.5日
  • 50位の会社 :17.4日
  • 100位の会社:16.0日
  • (参考:会社四季報 2017年春号、東洋経済新報社)

眺めてみた感じで、わたしが驚いたのは、忙しいと思われるIT系の会社が、トップ100に、かなり入っているという点です。

また、人員配置の計画的にしやすい職種、インフラ系の会社は、やはり有給休暇が、取りやすいため、多くなっていました。

働きやすい会社への転職

先日、売上高がかなり高いIT系の企業の方に、お話しを伺ったのですが、労働時間を厳しく管理している様子でした。

残業時間が多くなった月には、問答無用で、月末の金曜日に、有給休暇を取得してもらうようにしているとのことでした。

子どもさんたちは、学校に行っているので、休みになっても、家でひとりぼっちで過ごしているとのことでした。

働きやすい会社の指標を使った転職

夕方から、外に出てみると、いろいろなことに、気づかされるので、次の月の仕事のヒントになることも、あるようです。

ひと月の労働時間を減らす取り組みは、優秀な人材の確保のため、なんだそうです。

どうしても、忙しいと敬遠されがちな、IT系企業は、他の業種よりも、労働時間を減らして、給料を良くしないと、来てもらえないんだそうです。

外国人労働者については、差別をなくしていくつもりだけど、日本人同士の方が、意思疎通が簡単で、スムーズなので、優先されてしまうとのことでした。

IT系で、残業が少ない会社は、どういう仕組みなんですか?

残業の少ない会社

少なくできるのは、仕事を限定するって、ところですね。

有給休暇を取得しやすい会社への転職

仕事を限定!?そんなことしたら、売上が、上がらないですよねぇ・・・。

有給休暇を取得しやすい会社

いえいえ・・・儲かっている会社さんは、本当に、儲かっていますよ!

有給休暇を取得しやすい会社への転職

もう少し、ヒントを!

有給休暇取得率

例えば、一つの強みとなるメインの仕事があって、その周りのサービスを強化したりして、外部によらず、内部の効率化を進めるような働き方は、残業が少ないですね。

有給休暇を取得しやすい会社への転職

働きやすさ”ランキング、新卒3年後の低離職企業TOP15

次に、新卒採用者者が、3年後に離職する割合が低い会社です。

3年後に離職する割合が、ゼロだった会社で、トップ14位まで、うまってしまいました。

コレが離職が少ない会社・TOP15

1位(同率):国際石油開発定石
1位(同率):カルビー
1位(同率):キッコーマン
1位(同率):日本曹達
1位(同率):塩野義製薬
1位(同率):イーグル工業
1位(同率):JVCケンウッド
1位(同率):愛三工業
1位(同率):東京計器
1位(同率):オリンパス
1位(同率):任天堂
1位(同率):三菱地所
1位(同率):中国電力
1位(同率):沖縄電力

(参考)15位:島津製作所

新卒者が、3年後に離職する割合が低い会社トップ100社のうち、TOP14位までは、離職率:ゼロです。

100位の会社の3年後・離職割合は、5.25%でした。

50位の会社では、3年後・離職割合は、3.13%となっています。

離職する割合が低い会社

  • 1~14位の会社  :ゼロ
  • 50位の会社 :5.25%
  • 100位の会社:3.13%
  • (参考:会社四季報 2017年春号、東洋経済新報社)

眺めてみた感じでは、花王などの化学系の企業やキリンHD、味の素など、食品系の企業も、辞める割合が少ないランキング100に入っています。

ブラック企業では、新卒者が、3年で辞めるって、聞いたことあります。

仕事中のインフルエンザ予防

1年目で辞めてしまう人は、体力的な問題のケースが多いわね。

離職率が高い会社

3年というと、だいたい仕事に自信がついてくるころなので、独立転職するってことも、あるのかな?

離職率が低い会社への転職

不安をあおるような世の中だから、将来性は大切なんですよね。

将来性のある会社への転職

たしかに。会社の将来性が見えないというのは、離職理由でも、ウェイトが大きいかな・・・

離職率が低い会社

本当かな・・・?と思ったのは、かなり、残業が多く、キツイ会社で知っている会社さんが、ランキング内に登場している点です。

元社員に聞いた話だったので、具体的に、この会社とは、言えませんが・・・ごめんなさい。

部署にもよると思うのですが、技術系の転職を応援しているわたしとしては、理系や文系などで、分けてほしかったかな・・・。

働きやすい会社 転職

これについて、会社四季報編集部さんのお話しでは、最初、離職率の高い順にランキングしようと、思ったそうなんです。

だけど、それは、会社の評判に、影響してしまうという理由で、できなかったんだそうです。

うーん、残念です。

今の新卒採用者は、一つの会社で、長く働きたい人が、多いんですね。

転職アドバイザーtenの感想

転職のような、いわゆるリスクに向き合うのは、あまり得意ではないように、育ってきた人たちです。

そうはいっても、船が沈みそうなときには、いち早く、逃げ出す用意をした方がいいと、思います。

いつの日か、みんなが、リスクを取るようになったら、彼らも、同じように、動くのかな・・・?

働く人たちの世代の影響が、かなり、あるような気はしますが、確実に、働きやすい企業が増えてくるような、そんな春の予感です。

ten_01

参考資料

会社四季報 2017年春号、東洋経済新報社

>>>TOPページへ

おすすめの記事はコチラ
履歴書・職務経歴書の書き方(1)
自己紹介の作り方
履歴書は手書きでなくてよい
添え状は、いらない
添え状が必要なケース
自己PRの書き方
キャリアの抽出の仕方
職務経歴書の書き方
エピソードの作り方

おすすめの転職エージェントはコチラの3社です!

パソナキャリア
ワークポート
リクルートエージェント

転職の仕方:女性が、転職活動を開始するなら、コノ転職エージェント!

転職エージェント パソナキャリア:パソナキャリア

パソナキャリアHP

女性歓迎の求人企業を多く持ち、女性の転職に特化した情報を発信する転職エージェント。技術系の求人情報が多い、公開情報からも検索しやすい、のが特徴。公開情報でも、コアな技術系求人案件がたくさんある。

25万人を転職させ、67%の転職者を年収アップさせた実績を持つ。

重要なプロジェクトで活躍できる人材を募集している求人企業は、一般に非公開で、募集するため、ホンキの転職なら、登録すべき、転職エージェント。

登録しなくても、求人検索が可能なので、転職市場の動向を観察し、求人が多い時期に転職活動を開始したい人も、多い。

求人企業の年収は、他社の求人よりも、比較的高め。もちろん、年収交渉や前職の円満退社のサポートも、お願いできる。

無料でお仕事をさがす

パソナキャリア

>>>TOPページへ

働き方を変える女性たちの転職

30代院卒女性の転職のカギ

30代、院卒、女性が転職するために、大事なことは、3つです。

まずは、転職によって、自分がどう変わるのか、というイメージが大事。

次に、自分に必要なものと、必要でないものを分け、必要ないものを切り捨てることが大事。

最後に、モチベーションを維持するためには、健康が大事。

この3つ、今のあなたなら、すぐに実行できますか?

転職活動をスムーズにする3ステップ

すぐに実行できる人は、世の中の3%だった!?

転職したい!という人は、たくさんいます。

まず、食べられればいいや・・・と思っている人でさえ、話してみると、“いずれは転職したい”、といいます。

ほとんどの人が、今の自分に満足できていないのです。

だけど、みんなが、転職活動を始めたら、どうなっちゃうのでしょう・・・。

わたしは、こうして転職アドバイザーのお仕事をしているので、仕事が多くなって、助かります。

だけど、そんなに多くの希望者が押しかけて、ちゃんと、よかった、と思ってもらえる転職を供給できるのか、と悩みます。

だけどね、安心してください。

すぐに実行できる人は、世の中に、たった2.5%しか、存在しないんです。

実際に、転職関係のイベントに行ってみても、そうです。

2015年のイベントで、転職経験を聞いてみましたところ、自分を含めて、転職経験のある人は、30人中、たった2人でした!

まだまだ、転職って、ハードルが高いようです。

まず、漠然と、転職のことを考えていても、何も進みません。

具体的に、転職活動を始めるには、次の3つのステップで、スムーズに動き出せるようになるんです。

30代、院卒、女性が転職するための3ステップ

1回でいいから、「転職することで、何が変わるのか」を意識する

帰りの電車の中でも、いいです。

休憩夕のトイレの中でも、いいです。

たった1日、それか、たった1回でも、いいです。

他のことをしながらではなくて、集中して、考える時間を作ってください。

「転職することで、何が変わるのか」

転職したら、給料が増える。

転職したら、時間が増える。

転職したら、もっと仕事の幅が広がる。

転職したら・・・。どんなことを意識しましたか?

この転職することで、何が変わるのかを意識しないと、ずるずると転職活動期間が延びたり、求人の紹介がなかったりします。

その中で、今の仕事とまったく逆になったり、転職で変わる変化は、1つか2つに絞ってください。

あっても、2つまで・・・。本当は、1つに絞ってほしいけど、そうお願いすると、理想が低くなりすぎてしまうのが、女性なんですね。

だから、「転職することで、何が変わるのか」の中で、重要な変化を2つまでに、絞ってください。

それ・・・。

できたら、書き留めておいてください。

スマホのメモ帳でも、簡単なポストイットでもいいですから、書き留めてください。

2つに絞る前に出してもらった、変化は、頭の片隅においておくか、見返せるようにメモにするか。

女性の転職

自分に必要なものと、必要でないものを知る

自分にとって、必要なものだけになると、シンプルな考え方ができるようになります。

一方で、ものに囲まれていると、安心することができるようになります。

シンプルに考えること、一時的に安心すること・・・今、あなたは、どっちのライフスタイルがお好みですか?

一時的に安心することが必要であれば、「転職することで、何が変わるのか」の作業を継続することが、必要です。

もしくは、「転職することで、何が変わるのか」がいらないのかもしれません。

今のままで、充分なのに、周りと比べたり、情報の多さから焦ったりしているのかもしれません。

もう少し、時期をみて、転職活動をするか、転職サイトを使って、どんな転職先があるか、調査する転職活動をお勧めします。

転職するな、とはいいません。

おそらく、今のまま、転職活動に動き出すと、あまり良い状態にならないのではないか?って、思うんです。

おすすめの転職サイト、一覧記事は、コチラ

シンプルに考えることが必要だと思った方は、ぜひ、重要なもの=必要なものとして、必要でないものと、分けましょう。

今の人間関係は、重要なもの?それとも、必要でないもの?

今の住所は、重要なもの?それとも、こだわりがなく、引っ越しもできるもの?

今の仕事の内容は、重要なもの?それとも、新しい仕事や新しいことでも、いいの?

こんな具合に、重要だ、必要だ、と考えたものだけを残します。

できれば、部屋や書類なんかも、整頓して、必要のないものは、時期をみて捨てていきます。

そうすると、自分にとって、本当に必要なものだけになり、その必要なものを守るためには、どんな転職活動をしたらいいか、見分けることが、できるようになるんです!

この作業ができた段階で、転職エージェントに登録します。

転職エージェントは、無料で相談、求人紹介、面談の調整、入社までのフォローをします。

転職エージェント自体は、求人募集をしてる企業がお金を出して、転職希望者を見つることで仕事がなりたっています。

だから、転職希望者がお金を支払う必要がなく、ある程度、求人先の企業もお金を持っているところだ・・・という安定感のある転職ができます。

おすすめの転職エージェント、一覧記事は、コチラ

いろいろな転職エージェントがありますが、自分が登録したいと思ったところ、に登録します。

できれば、その日のうちに、履歴書だとか、職務経歴書を作ってしまうと、転職活動が効率化します。

転職エージェントに面談に行ったら、自分の会社のよいところを再発見できたと、いう人もいます。

もちろん、自分の会社に残留という決定でも、いいです。

その時は、きっと、同じ会社にいても、今まで以上に、仕事が楽しくなるはずです。

履歴書の書き方は、コチラ

職務経歴書の書き方は、コチラ

モチベーションを維持するための【健康】

一口に、「健康」といっても、体型だとか、運動だとか、ダイエットだとか、いろいろなジャンルがあると思うのですが。

わたしの思う【健康】とは、まず、「心の健康」、第2に、「腸の健康」です。

実は、最近、心の健康は、腸内環境に影響されることがわかってきました。

なので、乳アレルギーのない方は、ヨーグルトを食べてください。

正社員の転職
もしくは、ビオフェルミンでもいいですよ。

乳アレルギーの方は、キムチだとか、納豆だとか、菌でできているものを食べてください。

とにかく、腸の環境が良くなると、モチベーションが上がります。

疲れやすかったり、貧血気味だったり、風邪をひきやすかったりする人は、みんな、ココロが疲れてしまっています。

ココロの疲れが取れてくると、凝り固まっている問題、例えば、今の職場の人間関係など、もう一度、見直すことが、できるようになります。

運動だとか、減量だとか、そういうのは、後でやればいいので、とりあえず、「おなかの健康」を保つ努力をしてください。

帰りにコンビニでも、どこでも買えるじゃないですか!?ヨーグルトって。

モチベーションが上がったら、履歴書と職務経歴書を仕上げておきましょう。

履歴書の書き方は、コチラの記事を参照

職務経歴書の書き方は、コチラの記事を参照

独断と偏見で決めた、おすすめ転職エージェントTOP3

おすすめ転職トップ3の登録一覧
パソナキャリア
ワークポート
リクルートエージェント

転職活動を開始するなら、コノ転職エージェント!

転職エージェント パソナキャリア1位:パソナキャリア

転職 おすすめ パソナキャリア

女性歓迎の求人企業を多く持ち、女性の転職に特化した情報を発信し続けている転職エージェント。技術系の求人情報は多いうえ、公開情報からも検索しやすい。中にはコアな技術系求人案件を多数、保有している。

転職実績では、25万人を転職させ、67%の転職者を年収アップさせた実績を誇る。

重要なプロジェクトで活躍できる人材を募集している企業が多いため、一般には非公開を希望する企業が多いので、是非、登録したい。
登録しなくても、社名非公開の求人は、求人検索が可能なので、転職市場の動向を定点観測するためにも利用している人が多い。

求人企業の年収が比較的高めで、年収交渉や前職の円満退社のサポートが頼もしい。

無料でお仕事をさがす

パソナキャリア

転職 おすすめ ワークポート2位:ワークポート

転職 おすすめ ワークポート

IT特化の転職エージェントからスタートし、2014年から総合的な転職エージェントになった比較的新しい転職エージェント。求人企業は、成長している分野の企業が多いため、ものづくり企業などの求人も比較的新しく、他の転職エージェントにはない情報を多数持っている

転職エージェントの中では、サービスが手厚く、ホテルのコンシェルジュのように転職希望者の要望に応えることに徹底。これから安定して働きたい人、自分らしく働きたい女性にはおすすめの転職エージェント。あなたが特定の企業への転職を希望していないなら、是非登録したほうがいい。

無料でお仕事をさがす

ワークポート

転職 エージェント おすすめ リクルートエージェント3位:リクルートエージェント

転職 エージェント おすすめ リクルートエージェント

言わずと知れた転職エージェント業界の最大手不得意分野がないオールマイティの求人情報は、非公開求人が多く90,000件で、これまでに30万人を転職に導いた実績を誇る。

求人企業にこだわらずに異業種への転職も得意である。まだ転職すると決めていない段階の人が情報収集のために登録しているケースもある。求人の数が圧倒的に多いので、他の転職エージェントと併用して利用したい転職エージェント。

無料でお仕事をさがす

リクルートエージェント

>>>TOPページへ